Windows 8 ライセンス http://www.key8jp.com/
電気工事

地上デジタルのアンテナ設置工事

construction_1

地デジ(地上デジタル)アンテナ工事は 2011年7月 の全面切り替えとなる地デジ(地上デジタル)に対応したアンテナの設置工事です。地デジ(地上デジタル)放送に対応したアンテナ(UHFアンテナ)を屋根上または規定の場所に設置いたします。地デジ(地上デジタル)放送を受信するには、アンテナの設置やチューナーなどが必要となります。地デジ(地上デジタル)放送に必要な工事や設備等は全て当店が行いますので、新築に地デジアンテナの設置をお考えの方やテレビを買い替えたい方、地デジ(地上デジタル)放送を観たい方など、今後混雑を予想し早めの地デジ(地上デジタル)アンテナ工事をオススメいたします。
地デジ(地上デジタル)放送に関するご相談などございましたら『練馬区の電気屋レスキュー隊』にお気軽にご連絡ください。
取付け完了後は、すぐに地デジをご覧いただけます。

悩みから探そう最適な地デジ工事プラン

  • 自宅にあるテレビ類が全て地デジチューナー搭載、もしくは外付け地デジチューナーに買い換えたが家のアンテナはVHF(アナログ)アンテナなので地デジが観れない。地デジを観るにはどんな工事が必要?
    Aパターンへ[→]
  • 自宅にあるテレビのうち1台だけが地デジチューナー搭載だがその他の数台のテレビは地デジチューナー未搭載です。他のテレビはしばらくアナログ放送のまま見続け、将来買い替えようと思っています。
    Bパターンへ[→]
  • 新築で、まだアンテナを建てていません。テレビ類も地デジ対応の物を買った又は買う予定です。有線放送など毎月の使用料を払うのは勿体無いと言う方など。
    Cパターンへ[→]
  • 地デジも観たいしBS/CSデジタル放送も楽しみたい。
    D・Eパターンへ[→]

地デジ(地上デジタル)工事例

construction_6
[A] VHFにUHFアンテナの追加/地上デジタル追加
2F建屋根上設置工事
既存ポールに14素子アンテナ(UHF)を設置
混合器・調整
工事料金:22,000(税込)〜
img21
[B] 既存VHFのアンテナ部分をUHFに交換/地上デジタルに変更
2F建屋根上設置工事
14素子アンテナ(UHF)
工事料金:20,000(税込)〜
construction_2
[C] UHFアンテナの新設/地上デジタル
2F建屋根上設置工事
14素子アンテナ・屋根馬・ポール・支線
同軸ケーブル10m
工事料金:23,000(税込)〜
construction_5
[D] UHF+BS/CSデジタルの新設/地上デジタル+BS/CSデジタル
2F建屋根上設置工事
14素子アンテナ(UHF)・BSアンテナ(45cm)
屋根馬・混合器・ポール・支線
同軸ケーブル10m
工事料金:45,000(税込)〜
construction_7
[E] 既存VHFまたはUHFにBS/CSデジタルの追加/BS/CSデジタル追加
2F建屋根上設置工事
既存ポールにBSアンテナ(45cm)を設置
混合器・調整
工事料金:30,000(税込)〜
construction_81
アンテナの撤去
古くなったアンテナの撤去工事アンテナの処分から補修まで行います。
地デジ工事とセット:4,000(税込)〜
アンテナ撤去単独:8,000(税込)〜

地デジ(地上デジタル)取付け工事の流れ

construction_8
1. お問い合わせ

まずは、お電話・メール・FAX等でお気軽にお問い合わせください。専門スタッフが親切・丁寧にご対応させていただきます。もちろん地デジに関するお悩みやご相談などなんでもお問い合わせください。

construction_9
2. お見積り

お客様のご要望などをヒアリングし、お見積りの内容と施工に関する説明をわかりやすくご説明させていただきます。後々追加料金などが発生するような不透明なお見積りは発行いたしませんのでご安心ください。

construction_10
3. 受注

お見積りの了承を頂きましたら、工事の日程などを打ち合わせして決めていきます。お客様のご都合に合わせて無理なく工事を進めていきます。

construction_11
4. 工事開始

工事の内容によって異なりますが、アンテナ組み立てや設置工事、ブースター工事など約3時間ほどの工程となります。その後画像や各チャンネルの電波レベルやテレビチャンネルの初期設定などを行います。

地デジ(地上デジタル)に関する、こんなお悩みありませんか?

サービス内容

○アンテナの修理
○アンテナの移動・移設
○アンテナのメンテナンス
○地上デジタルアンテナの設置工事
○デジタルテレビ選びのアドバイスや販売

地デジ(地上デジタル)放送のご相談やお悩み、地デジアンテナの工事に関するご質問などございましたら、下記お問い合わせ先にご連絡ください。専門スタッフが親切・丁寧にお答えいたします。
地デジ(地上デジタル)の専門業者『練馬区の電気屋レスキュー隊』にお任せください。

ブレーカーの工事

img22

レンジやエアコンなどを使用するとすぐにブレーカーが落ちてしまうなどのトラブルを良くお聞きします。原因としては、使用する電気の量が規定の容量をオーバーするとブレーカーは落ちるようになっています。一ヶ所のブレーカーのみよく落ちるのであれば、そのブレーカーに使用する電力が集中している可能性がありますので、配線を上手く分岐して解決する場合もあります。ブレーカー全体が落ちてしまう場合は、契約容量が不足していますので、電力会社に連絡して契約を上げてもらう事ができます。また、漏電の可能性もありますのでまずは、専門業者に相談するのが良いかと思います。電気のトラブルやご相談などございましたら、お気軽にご連絡ください。

ブレーカーの仕組み

construction_12

サービスブレーカー(メインブレーカー)

主にご契約されている電力会社とのブレーカーです。ご家庭で使用される電気機器に合わせて契約時にアンペア数を決め、スイッチの上に記載されます。記されている数値が実際にご使用可能なアンペア数でご家庭内で契約以上の電力を使用された場合にブレーカーが自動的に落ちる仕組みになっています。ブレーカーが落ちた場合にスイッチを入れる場所がサービスブレーカーになります。

漏電ブレーカー(漏電遮断器)

漏電ブレーカーとは、万一電気系統が漏電の危機にさらされた場合に、即座に漏電を感知し自動的に遮断する装置です。これを取付けることにより、電気器具の漏電事故を防ぐことができます。定期的なメンテナンスや動作チェックをしてください。

安全ブレーカー(配線用遮断器)

安全ブレーカーとは配線用遮断器とも言われ、複数の分岐回路に分かれて、各部屋に電気を送ります。それぞれの回路に分けられた電力以上の電気を使用した場合、自動的にスイッチが落ちる仕組みになっています。消費電力が多いエアコンや電子レンジなどは、専用の回路にするのが良いでしょう。

サービス内容

○ブレーカーの修理
○ブレーカーの増設
○部品の交換・修理など
○ブレーカートラブルのご相談など

その他電気工事

『練馬区の電気屋レスキュー隊』山塚電気商会では、あらゆる電気工事も請けたまっております。コンセント・スイッチ器具の交換・増設、配線や照明の取り付け・移設、外灯の取り付けなど、換気扇の取替・交換・新規取り付け等。また、保守・メンテナンス・クリーニングなどのアフターフォローも万全です。ご家庭の電気に関するトラブル、家電の修理や点検などございましたらお気軽にご連絡ください。その他各種家電品の販売や購入に関するアドバイスもお受けいたします。

スイッチのトラブル

古くなったスイッチやひび割れを起こしたスイッチなどは、なにかとトラブルをまねく恐れがあります。また、最近では様々な用途に合わせた豊富な種類のスイッチがありますので、ご家庭の場所や用途に応じてお選びください。
・ホタルスイッチ(暗い場所でスイッチの位置が分かりにくい)
・ONピカスイッチ(ダクトヒーターなどのON・OFFが一目で分かる)
・タイマースイッチ(消し忘れの多い場所に設定時間で自動的に消灯)
・ワイドスイッチ(従来のスイッチが小さく使いにくい場合など)
その他にも使用目的に合わせて様々な種類がありますので、一度ご相談ください。

コンセントのトラブル

タコ足配線は、ブレーカーへの負荷、または火災の原因になるためなるべく控えることをオススメします。どうしてもご家庭の電気器具が多い場合やコンセントが届かない家電品の配置などは延長ケーブルやテーブルタップを使用するのではなく、コンセントの増設をオススメします。1つのコンセントに対して、2~3口くらいの接続に抑え、電子レンジなど消費電力の多い家電品などは独立したコンセントをご使用ください。配置した家電品の近くにコンセントがない場合は『練馬区の電気屋レスキュー隊』にご連絡ください。家の間取に合わせて使いやすい箇所にコンセントをお取付けいたします。

タコ足配線

construction_13

タコ足配線とは、1つのコンセントから延長ケーブルやテーブルタップに接続し、コンセントの差込口を増やしいくつもの電気器具をつなげた状態がまるでタコの足に似ていることから、そう呼ばれるようになりました。ひどいものになると8口もあるテーブルタップにさらに延長コードやタップを接続し20以上の電気器具につなげている方もいらっしゃいます。
テーブルタップを使用すること自体が危険というわけではありませんが、使い方を間違えると大変な事態をまねく恐れがあります。一般的なテーブルタップは、1500Wまで使用可能となっています。使用電力がそれを越えてしまうとブレーカーがすぐに落ちたり、ひどいことになると火災の原因にもなってしまいます。テーブルタップに接続する電気器具の使用電力を計算し、電子レンジなどの消費電力が多い家電品はつなげず独立した配線にしてください。また、テーブルタップなどは粗悪なものも販売されている場合がありますので、どのメーカーかもわからない安価な物ではなく、一度電気屋に相談してみるのが良いでしょう。

サービス内容

○電気系統の点検
○各種電気工事
○コンセントの増設
○照明の取り付け工事
○電気に関するご相談など

業者様向け電気工事も行っています。

自店では困難な店舗の空調や電気設備・配電工事、オフィス事務所の大型エアコンの修理やクリーニング、工場の空調設備のメンテナンス、設備の増減による契約変更工事、自家用電気設備、LAN工事、太陽光発電、風力発電、改修に伴う内装工事など業者様のあらゆるご要望にお応えいたします。